ウェビナーを成功させる秘訣は何なのか?ウェビナー運営代行のポイントなどを紹介

このサイトではウェビナーを成功させる秘訣とポイント、働き方の多様化に対応したウェビナー運営代行、ライブ配信のノウハウがない場合の代行サービスの使い方などを紹介しています。
ウェビナーの運営方法に悩んでいる、もっと代行を上手に使うために要点を知っておきたいなどの悩みを持つ人におすすめです。
代行を上手に使いこなすことで、理想とするオンラインイベントなどを実施することができるでしょう。
ぜひ記事を参考にしてみてください。

ウェビナーを成功させる秘訣は何なのか?ウェビナー運営代行のポイントなどを紹介

セミナーやオンラインイベントをはじめとしたウェビナーをやってみたい、でも上手く開催する自信がないという人にぴったりなのが、ウェビナー運営代行です。
ウェビナー運営代行は集客や配信準備、配信支援といった様々な業務を代行してくれます。
ウェビナー運営代行業者によって請け負える業務は異なるため、自分にとって必要な要素が用意されているかどうかを事前に確認してから選択するのがポイントです。
代行を依頼することで自分は配信に集中することができます。

ウェビナー運営代行は使用するツールが重要になる

ウェビナー運営代行には使うツールが重要で、ウェビナーを行うにはITツール(ソフトウェア)の知識が欠かせません。
Zoom(ズーム)などの基本的な使い方が分かってないとスムーズ行えなえませんし、トラブルが発生しても迅速な対応が難しいです。
依頼先のウェビナー運営代行が何を使っているかも重要で、一般的にズーム以外にもSkypeなど色々な種類があり自分たちで操作する場合だと、使ったことがあるかや初めて使うタイプ、使いやすいかなどの確認が必要です。
また、どのくらいの実績があるかも重要で、実績が少ないと万一のトラブルに対応できなかったり、提供されるサービスに満足できない場合もあります。
他にもどこまでサポートがあるかも大事で、慣れてない時・初めてだと総合的なサポートが必要なので、自社に必要なサポートやどこまでしてもらうかも決めておいた方がいいです。
ウェビナー運営代行を利用すると、準備にかかる時間の短縮やコストを削減できるため会社選びは大事です。

ウェビナー運営代行ではスタッフが出張してくれるパターンもある

ウェビナー運営代行では遠方でもスタッフが出張してくれるところもあり、北海道から沖縄まで全国どこでも対応してくれる会社もあります。
ウェビナー開催は難しくないと言われてますが、それでも一定のノウハウがないと目的を達成するのは難しいです。
成功させるには数回開催した程度では身につきませんし、時間が経ってくると成功パターンも違います。
ウェビナー運営代行だと成功・失敗のパターンを知り尽くしていて、ノウハウがなくても安心して任せられます。
開催するときには色々なタスクがあって、申込者の管理・問い合わせ対応など定型業務、セミナー申込サイト作成なども必要です。
リソースには限りもあるので社内だけで全て行うのは厳しいかもしれません。
また、担当者が本来の業務を行いながらだと、ウェビナー企画・他のマーケティング・セールス業務などの時間が中々取れないので仕事の品質が下がる恐れもあります。
代行会社へ一部、または全て任せることで担当者の負担も減らせて本来行うべき業務へ全ての時間が使えます。

自社スタジオを利用したウェビナー運営代行は費用を抑えることができる

ウェビナー運営代行とは、ウェブでのセミナー開催に伴う種々の運営や設定の業務を自分自身で行う必要がなく、代わりにやってもらえるサービスですが、会場として自社スタジオを利用するのであればその分だけ費用を抑えることができます。
ウェビナー運営代行業務の代表的なものには、配信日時の選定やスケジュールの調整・用いるツールの選定や設定・用いる資料作成のサポート・当日の機材セッティングや実際の配信・トラブル発生時の対応・参加者アンケートの結果分析などが挙げられますが、ウェブで開催するとは言っても講演をする人自身はどこかの部屋から配信しなければならないのは言うまでもありません。
ここで、代行会社が指定するスタジオを使う方法もありますが、この場合はその利用料が上乗せされることになります。
もし会社が実施するセミナーなどで、自社が有しているスタジオを使えるのであればその分だけ費用を削減できるメリットがありますので、検討してみても良いでしょう。

コロナ禍で急速に人気が高まっているウェビナー運営代行

ウェビナー運営代行はコロナ禍で急速に人気が高まっています。
そもそもウェビナーとはwebとseminarを合わせた造語で、従来のように会議室やホールなどを利用して実施する対面型ではなく、インターネットを利用してウェブでセミナーを配信するものを指します。
これは簡単なものであれば自分自身でも行える程度ではありますが、やはり忙しい本来業務の合間を縫って運営とかセッティングなどを実施するのは無理があるケースも多く、社内で行われるような比較的規模の限定されたものならばともかく、不特定多数の人を相手にするような一般的なセミナーになればなるほど、ウェビナー運営代行に委託するケースが増えています。
これを利用すると、主催者はセミナー本体というか講演自体を適切に行うことだけに集中できます。
会議の日程調整をするとか、インターネットやデバイス・アプリケーションなどの設定や運用などに気を取られる必要はもうありません。

著者:丹羽晴久

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
地元でイベントの運営会社を経営中。
今回はウェビナー運営代行について記事を書きました。
ウェビナー運営代行はここ